タコ川の今日のオススメエロマンガ

タコ川オススメのエロマンガを紹介するブログ。

第五十四話!鈍感童貞とそれを受け入れるサバサバ系女子(キミがほしい!/Pennel @n_pennel)

タイトル

 キミがほしい!

作家

pennel

Pennel🌴1日目東ミ36a (@n_pennel) | Twitter

Pennel情報垢 (@pennel_kirei) | Twitter

「Pennel」のプロフィール [pixiv]

Pennelさんの作品一覧 - ニコニコ静画 (マンガ)

Pennel さんのイラスト一覧 - ニコニコ静画 (イラスト)

URL

Komiflo

komiflo.com

DMM 

book.dmm.co.jp

あらすじ

 サークルの先輩から聞いた噂。自分に結構話しかけてくれる同じ学部、同じサークルの同期の大塚さんが部室の隣の倉庫でウリをやっているという噂。

正直気になっていたし、そういう関係に期待して勇気を出して例の倉庫にいた彼女に「キミがほしい!」と3万円と共に言葉を突き出してみた。

笑われたが、返事は了承の言葉だった。彼女の為すがまま後ろから羽交い絞めされるようにチンポをこすられ、最後には四つん這いにさせられ牛のように精液を絞られた。

セックスをしたかったが、もうお金はない。しかし彼女は過去問とこの後のご飯でいいと言ってくれた。

挿入してからは気持ちが良すぎてとにかく夢中で腰を振った。彼女が何を喋ってるのか外で物音がしてたのも全く聞こえていないほどに。

セックスが終わった後、約束通りご飯に行き何故かご飯を奢られ、次のホテル代の話とかされたが真意はわからなかった・・・。

感想

 鈍感男にキレずに流すサバサバ系女子最高かよ!!!!!

童貞の必死さ、鈍感さが良い味出してます。それに加えて彼の鈍感さに諦めつつ流すコンビには良さを感じます。

挿入直前に「キミはいつも女の子にこんなことしてるのかい?」って聞かれ否定した後大塚さんが照れニヤケ顔するの好き。そしてその後に大塚さんにバックで挿入されるのも大好き。その言葉の意味と行為の意味をわからずに必死に腰を振ってるのも最高だし、人が来る気配で不安そうな顔に一瞬なる大塚さんが必死な彼を見てまあいいかとキスするのは本当に最高だし、セックス終わった後のご飯で誰とでもこんなことしないよ?からの「つまり・・・キミがほしい!ってことサ!」「・・・?」「・・・いいよもうわたしがビッチってことで」のやり取りは本当に最高。

Pennel先生の特徴なんですが、ありそうでなかった女性キャラっていうのが多くて近いうちに記事化しますが、最新作のこちらもありそうでなかった女性キャラなんですよね。それがまた良いんですよ。

先生の他の作品

book.dmm.co.jp

book.dmm.co.jp

第五十三話!メイドを辞める前の仕返し(坊ちゃんは聞かん坊/石川シスケ @ishikawashisuke)

タイトル

坊ちゃんは聞かん坊 

作家

 石川シスケ

石川シスケ (@ishikawashisuke) | Twitter

石川シスケの仕事のお知らせをするブログです

URL

Komiflo

Komiflo • エロマンガ読み放題サービス

DMM 

book.dmm.co.jp

あらすじ

 メイドはサボり気味だった。何せあのめんどくせーガキの相手をしなければいけないからだ。そのお坊ちゃんに出て行けと言われ素直に庭でくつろいでいると他のメイドに見つかり代わりにお嬢様の相手を頼まれるが、お嬢様は人間の犬と散歩中でどう考えてもヤバい奴らなので逃げた。めんどくせーだけのお坊ちゃんのほうがまだマシと判断したからである。

そしてお坊ちゃんの部屋に戻ると何かの紙を見つつエグめのちんぽを弄んでいた。

少しそのことを責めてやるといつもの強気ではなくしおらしいので最後にいじめてから辞めてやろうとメイドは考えた。

お坊ちゃんのアナル責めにパイズリに精液口移しにとことんメイドはいじめる。しかしお坊ちゃんはこんなエッチなこと考えたこともなかった。ただただ為すがままに快楽とメイドの命令に従うのみだった。

感想

 もう本当に最高。

この思春期真っ只中のお坊ちゃんのめんどくささにエロガキっぽいけどせいぜい写真を見てオナニーをする程度でそれ以上のエロを考えたことがない設定とか大好物。

そしてメイドのおっぱいから肌の質感、表情、セリフ回しどれを取っても最高の高。最後のお坊ちゃんからの好意を察した後の照れ顔とか最高にニヤァとする

みなさんもSっ気のある人から焦らしからのいきなり腰を打ち付けられて「はいってまっせーん」ってやられたくないですか?やられたいですね

石川シスケ先生の作品全部好きなんですけど、これはその中でも上位に入る良さです。

可愛い思春期ショタ好き、サディストメイド好きの方にオススメです!

先生の他の作品

book.dmm.co.jp

book.dmm.co.jp

 

第五十二話!告白の練習。セックスの練習。(こっちを向いて!/駄菓子 @dagacyo)

タイトル

 こっちを向いて!

作家

 駄菓子

駄菓子 (@dagacyo) | Twitter

「駄菓子」のプロフィール [pixiv]

all over the Place

URL

Komiflo

 なし

DMM 

book.dmm.co.jp

あらすじ

 副会長ファンクラブ秘密結社が結成されて二か月・・・。男たちは役員のいない生徒会室で副会長のスカートの中はどうなっているのかで盛り上がろうとしていた。しかし平役員である小日向(女)が乱入し、生徒会室の無断使用を黙認してた代わりに大量の生徒会の仕事を手伝えと言うのだ。

小日向と幼馴染である智之が反論してる間に他の男たちは逃げ、結局智之だけで手伝うことになるがどう考えても放課後に終わる量ではなかったことをぼやくと、小日向が言いづらそうに家に誘った。

二人きりの小日向の家で仕事をしていると、小日向が私で告白の練習をしてみなさいよと挑発。どうせ出来ないとタカをくくっていた小日向だったが、智之は真剣な顔で本気で告白をした。その迫真さに赤面し、同時に私にはあんな目あんな表情一度もしたことないと落ち込んでしまう。

そんな小日向がとった行動とは・・・。

感想

ええ話や・・・。

エロマンガでは定番の告白の練習ですが、定番だからといって雑な描写ではなく迫真さと受け手側の感情が非常に切なくて、こちらまで泣きそうになるぐらいの良い描写でした。

そして始まるセックスの練習でも副会長役をやっていた小日向だけど、途中から智之が小日向の名前を叫び出したあとは一気に感情が爆発してセックスも激しくなるのが本当に良いです。

あと性器の形がものすごくリアルでちんぽの裏の根元の太い尿道だったりとかズル剥けちんぽの皮のぶよぶよ感とかまんこの小陰唇(びらびら)の余り方とかものすごくグッド!

男性視点でも女性視点でも最高なので誰にでもオススメできる作品です!

先生の他の作品

book.dmm.co.jp

book.dmm.co.jp